三井不リアル、収益とも過去最高、取扱件数、今期13年実績超へ

 三井不動産リアルティの2019年3月期決算は、営業収益・営業利益ともに過去最高を更新した。営業収益は1706億2500万円(前期比10・4%増)、営業利益が219億1500万円(同14・3%増)。売買仲介の取扱件数は4万1533件となり、20年3月期は過去最高の13年度実績4万2550件超を狙う。  営業収益の内訳は、仲介が850億800万円、時間貸し駐車場事業のリパーク(カーシェア事業含む)が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日