SDGsに積極投入、独自の地盤改良工法、ハイアス

 ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区、濱村聖一社長)は、天砕石を活用した環境対応型の地盤改良工法「HySPEED」を国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて積極的に取り組むことを決めた。同工法は、施工実績が5月24日現在で累計6万3000棟超。年間施工棟数も7000~8000棟となる。2021年度に市場シェア1割に相当する1万900棟を計画する。二酸化炭素は5万4500トンの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日