【連載】新・不動産鑑定の現場から海老沼事務所の視点(19)、借地非訟ケースで考える、更地価格の捉え方はさまざま

 借地権は、地主へ更新料や譲渡承諾料などを支払う慣行がある地域があります。都心はこの慣行は日常的ですが、地方でこのような慣行がない地域もあります。とりあえずそのような慣行がある地域の話をしますと、各種費用を算定するにあたっては、借地権価格の何パーセントという言い方もしますし、更地価格の何パーセントという言い方もして一律ではありません。この場合の計算は、借地権価格を算定するとしても、その借地権価格は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月27日