不動産協会菰田理事長、「事業環境は劇的変化」、時代先取り・住生活・税制に重点

 不動産協会は5月15日、定時総会開催後に都内で懇親会を開催した。人口減少・少子高齢社会の進展などの構造的な課題を踏まえて、菰田正信理事長=写真=は、「AIやIoTをはじめ、価値観の多様化やグローバルも急速に進展しており、経済・社会はかつて経験したことのない速さで劇的に変化している。  不動産を取り巻く環境や都市のあり方も大きく変わっていく。こうした変化や新しいニーズに的確に対応した街作りによって ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月20日