納期遅延で赤字も、受注高は最高更新、アールシーコア

 アールシーコアは、(1)2017年に発生したカナダの山火事・水害などによる原木供給の極端な減少や大口径の木材確保が難航したことによる納期遅延が影響による利益減少(2)BESS事業とは無関係の事業不振による大規模販社の経営難に伴う既存契約・工事、拠点運営の承継に伴う経費発生(3)昨年のBESS多摩オープンなどの先行投資により、連結営業損失6億3500万円(前年同期は4億5300万円の営業利益)、経 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月20日