【特集】明日のマンション開発を考える、変化するマンション選び指標、平成は「資産価値」偏重、住宅ジャーナリスト櫻井幸雄

 令和の時代となり、平成を振り返ってみると、マンションは「資産価値」に振り回されたなあ、との思いが強くなる。始まりはバブル。マンションは10倍以上に値上がりするものも出て、お金を生み出す手段となった。その高額マンションが値下がりし、「土地は必ず値上がりする」という土地神話が崩れた後、平成15年くらいから「利回り」という新しい基準が生まれた。 「土地神話」に代わる「利回り」/割高でも将来性に期待 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月20日