賃貸仲介、首都圏DI最高値を更新、近畿圏で横ばい傾向強く

 一方、賃貸仲介の業況を見ると、首都圏のDIは49・7(前期比4・3ポイント上昇)し、調査開始以来最高を記録したものの、前年同期比で0・6ポイントとほぼ横ばいで推移した。  東京23区(52・3)、都下(46・2)、神奈川県(47・6)、埼玉県(49・0)、千葉県(46・0)といずれの地域も前期比でプラスだった。都下が3期連続で上昇。埼玉県は7・0ポイントと大幅に上がり、調査以来最高の水準となった ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月20日