野村不グループが新中長計速い環境変化に対応、3年後、事業利益850億円へ、新規投資は9年で計5・5兆円

 野村不動産ホールディングス(沓掛英二社長)は2020年3月期から28年3月期までを計画年度とする計9カ年の新たな野村不動産グループ中長期経営計画「ニューバリュー、リアルバリュー」を策定した。今後の速い事業環境の変化や前計画での成果と課題を踏まえて、さらなる価値を創造し、高い資産・資本効率を維持しながら持続的な利益成長を実現することを目指した。  前計画では、19年3月期の売上高7000億円、営業 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月13日