誰でもできる、権利調整コンサル実践編、第1回、公認不動産コンサルティングマスター上級相続アドバイザー堀田直宏、0か100かでなく両方を満足、交渉せずに話し合いで解決

 今回から実践編では、実際の現場で対応する際の心構えやいくつかの対応技術をお伝えしたい。初回は「法律とは権利者の強制」であることの理解だ。  当社では、不動産権利調整業務を『人的要因による負動産を権利調整者がファシリテーター(課題解決推進者)として、または当事者を兼務して関わることで、利害関係者同士の合理的な話し合いを可能とする『信頼と協調の環境』を構築し、利害関係者全員の合意による解決を図り、負 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月6日