ARES、次の成長見据え新体制に移行、5月に岩沙会長退任、新会長候補は杉山三菱地所会長

 不動産証券化協会(ARES)の岩沙弘道会長)は4月22日、都内で開いた定時社員総会で退任する意向を明かした。5月22日に2019年度の事業計画・予算や前年度の事業報告、役員選任を行い、足掛け20年間にわたって同協会をけん引してきた岩沙会長が退任し、同日の総会を経て次期会長に杉山博孝氏(三菱地所会長)が就任する予定。  岩沙会長は、「時代の変化により、グローバル化が進む中で国内外の投資家に信頼され ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月6日