ビレッジハウス、大分市で築47年再生、旧雇用促進住宅8棟240戸、高齢者・外国人の需要対応

 ビレッジハウス・マネジメント(東京都港区、共同経営責任者=岩元龍彦氏、工藤健亮氏)はこのほど、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構との間の契約条件が整い大分県大分市にある旧雇用促進住宅「戸次(ヘツギ)宿舎」を取得して「ビレッジハウス美園(ミソノ)=写真」として再生する。大分県でのビレッジハウスの運営は初めて。  これによって47都道府県全てでビレッジハウスの提供が可能となった。現在、全国1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月6日