【連載】競売物件東京地裁開札トピックス-81-、築30年JR「三河島」駅徒歩5分、店舗併用住宅、法定地上権底地が高値で落札

 借地権が設定されているいわゆる底地は競売市場にはあまり見られない。これは金融機関が底地を融資の担保としてほとんど評価しないからである。そんな中、4月11日開札では法定地上権付建物が存する敷地(底地)が競売に付された。  実はこの底地の上に建つ法定地上権付建物は、一昨年2017年12月に競落されたJR常磐線「三河島」駅徒歩約5分に立地する築30年で鉄骨造2階建て延床面積約69坪の店舗・共同住宅であ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月6日