リビングライフ19年度経営方針、グループ売上高248億円、開発仕入れ240戸、仲介拠点も拡大

 リビングライフグループ(東京都大田区、炭谷久雄社長)は4月22日、2019年度の経営指針を都内で発表した。炭谷社長は、「今年は新しい令和の時代になる。新たな気持ちで頑張っていこう」と述べ、2020年に創業30年の節目を迎えることを踏まえ、今年のスローガンを「進化」とした。今年度の目標としては、前年度のグループ売上高226億円(前年比4・1%増)から1割アップの248億円を目指す。粗利益率20%と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年5月6日