日本橋にスマートエネルギー拠点、再開発ビル地下に大型ガス発電・熱供給プラント、「耐停電」のまち、環境対応も、日本初、周辺ビルへも

 「レジリエント(強靭)でエコ・フレンドリーなまちづくり」を目指して、三井不動産と東京ガスの連携による「日本橋スマートエネルギープロジェクト」が始動した。事業主体は共同出資会社の三井不動産TGスマートエナジー。3月末に竣工した大型再開発ビルの地下に備えた”都市ガス発電所”と熱供給プラントを活用して、既存ビルを含む周辺地域に電気と熱を安定的に供給する事業だ。大型ビルの誕生が地域のエネルギーを街ごとリ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月22日