おう盛だがやや慎重、CBRE投資家調査世界経済、金利要因で

 CBRE(東京都千代田区)がまとめた「日本不動産投資家意識調査2019」によると、日本の投資家の投資意欲は、世界経済の先行きに対する不安感の高まりを背景に、「依然おう盛ながら、やや慎重になりつつある」ことが分かった。投資家を対象に昨年11月から今年1月末にかけて実施したもので、有効回答は348だった。  19年の最大の脅威は「世界的な経済ショックによる影響」と「急激な金利上昇」と回答したが、取得 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月22日