国内初の50年債、三菱地所が発行

 三菱地所は国内初の50年債を発行した。第128回無担保社債で、国内の公募債市場で最長となる。発行額は150億円で、利率は1・132%。4月18日が払込日で、償還日は2069年4月18日。利払いは4月と10月の年2回。主幹事は野村証券、シンジケート団はSMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券。  同社は16年から40年債を継続的に発行し、投資家からの強い需要を確認。その中で証券会社から ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月22日