今後5年は過去平均ペース、「新橋・虎ノ門」注目エリアに、森ビル調査東京23区オフィスビル供給

  森ビルは4月16日、「東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査2019」を公表した。1986年以降に竣工した事務所延べ床面積1万平方メートル以上のオフィスビル(自社ビル含む)を対象にしたもので、今年1~2月に実施した。  2018年の供給量は26件・141万平方メートルで、前年(69万平方メートル)の2倍、12年(175万平方メートル)以来の高水準となり、過去平均(103万平方メートル)を上 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月22日