パナソニック、ミサワ、トヨタ、住宅強靱化へ新提案

 政府は今年度、ZEHを目指した支援事業に、住宅のレジリエンス(強靭化)への支援制度を新設、各社も災害対策を前面に打ち出した提案を拡充した。4月8日にミサワホームが木質系最上位ブランド「CENTURY」シリーズに災害に備えたソリューションを盛り込んだモデルを加え、13日にはパナソニック ホームズが“防災意識の持続”に着目した提案を開始、25日にはトヨタホームが「災害後も住み続ける家」をコンセプトに ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月22日