2千棟に不適合、73棟は改修工事、大和ハウス工業

 大和ハウス工業は4月12日、国土交通大臣認定と異なる仕様を採用したと公表した。建築基準法や条例の防火基準に対する不適合な仕様があった。不適合があったのは、2001年1月31日から10年6月末までに関東の6都県都内で施工した賃貸共同住宅200棟の柱と、2000年10月5日から13年2月末日までに29都府県で引き渡した戸建住宅888棟と賃貸共同住宅990棟の独立基礎。共同住宅の柱に不適合があったうち ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月22日