ビレッジハウス、四日市で築56年の団地再生、単身・外国人労働者など対応

 ビレッジハウス・マネジメント(東京都港区、共同経営責任者=岩元龍彦氏、工藤健亮氏)は、三重県四日市市地域の単身労働者や外国人労働者の賃貸住宅需要に対応するため築56年の団地を再生させてファミリータイプ20戸を単身者向け40戸にフルリノベーションした。4月25日までに全戸のリフォームが完了する。「ビレッジハウス高花平」として賃貸募集を順次始めた。  同社では、全国に1062物件(2849棟・10万 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月22日