住宅商戦本格化、低金利、支援策が需要下支え、懸念材料は価格上昇

 新年度に入り住宅販売が本格化する。マンションでは市場の先行きを占う大型物件「HARUMIFLAG」が市場投入されるほか、販売活動中のマンションでは「連休中は予約で盛況」といったところも少なくない。一方で、今年のゴールデンウイークは10連休となる人が多く、「JRや航空の予約は例年以上と聞き遠出する人が多いのは間違いない。ただ、旅行だけで長い連休期間を過ごすとは考えにくい。モデルハウスへの来場も期待 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月22日