1階店舗賃料は高値安定、不動研・BAC調査表参道が初めてトップ

 日本を代表する商業地の1階店舗賃料は高値圏で安定的に推移している。ドラッグストア、スポーツ関連業種が堅調な一方でファッションは苦戦を強いられている--ことが、スタイルアクトとビーエーシー・アーバンプロジェクト(BAC)の公募賃料情報データを基に日本不動産研究所とBACが集計・分析した「店舗賃料トレンド2019春」で分かった。調査は年2回実施、今回は18年下半期実績を分析した。  対象となる商業地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月15日