不動研調査「不動産取引市場」、18年下期は大幅減に、外資系プレーヤーも減少

 日本不動産研究所はこのほど、不動産取引市場調査(2001年上期~2018年下期)を実施し、概要を公表した。Jリート、東京証券取引所、日経不動産マーケット情報など公表事例を独自に集計。約2万5400件の取引事例を収集した。  【市場全般】 不動産取引市場規模は07年上期に約3兆円とピークに達した後、リーマンショックが生じた08年下期は約1兆円程度と約3分の1まで縮小。足踏みが続いた後13年上期以降 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月15日