東急リバブル、売買営業にエージェント制、シニア人脈、業務委託で維持

 東急リバブルは、定年後の働き方の選択肢として売買仲介営業を対象に「エージェント制度」を4月から導入した。  定年再雇用制度に加え、所定の勤務時間や勤務日数に捉われずにシニア社員が持つ豊富な経験や人脈を生かす働き方を支援する。  雇用関係を結ばずに、同社との業務委託により、契約成果に対して報酬が支払われる制度。委託業務は、売買仲介営業で個人の情報ルートを活用した顧客紹介をメーンとする。情報提供まで ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月15日