売買・賃貸、実需は底堅い、天井感と国内市場の縮小に備え、東急リバブル東急住宅リース社長就任会見、太田社長=事業環境に左右されない体質づくり、三木社長=住まい方の多様性に合ったサービス

 東急不動産グループでは、東急リバブルと東急住宅リースのトップが代わった。東急リバブルは太田陽一氏、東急住宅リースは三木克志氏が4月1日付でそれぞれ社長に就任。太田社長は23年、三木社長は29年を東急リバブルで経験を積んできた。両氏とも3月上旬に社長の打診を受けたという。12日にグループ共同の社長就任会見を開催して今後のかじ取りや事業展開、足もとの売買・賃貸マーケットなどの質問に応じた。  少子 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月15日