市場規模、30年度に最大11兆円超を予測、不動産業への波及効果1.24兆円、シェアリングエコノミー協会民泊撤退も浮き彫りに

 シェアリングエコノミー協会は4月9日、情報通信総合研究所と共同で日本のシェアリングサービスに関する市場調査を発表した。  それによると、2018年度の経済規模は過去最高の1兆8874億円を超えたことがわかった。  今後の予測としては、30年度に5兆7589億円を見込み、海運やアパレル業界と同規模に達する。シェリングエコノミーの一般的な認知度や法制度、安全性などの課題が解決した場合は、30年度に1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月15日