歴史的建築物を宿泊施設に、保存費用を“活用”で生み出す

 古い施設は敬遠すべきという認識が変化しつつある。2017年に観光庁が古民家などの歴史的建造物を宿泊施設や飲食店などに活用し、地域の活性化につなげる取り組みを推進する方針を打ち出した。「泊まれる文化財」を検索するサイトも増えるなど、歴史的・文化的な体験のニーズが高まっているだが、サステナブルに配慮した事業など、社会動向はストック活用に追い風が吹いているといえる。だが建物の維持にはコストがかかり、保 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月15日