東急不グループ、埼玉日高市で団地再生の試み、東大学生がリノベ提案

 埼玉県日高市の「こま武蔵台」団地でこのほど、東急不動産R&Dセンター(東京都港区)と東京大学が共同研究で、団地再生支援のために実施したリノベーション工事が完成した。学生が発案した空き家のリノベプランを実際の空き家で実現し、今後の団地再生・活性化をサポートしようという試みだ。  この団地は西武池袋・秩父線高麗駅の徒歩圏に広がる、開発面積約93ヘクタール、全2210区画(戸建て1730戸、タウンハウ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月8日