野村不、地方都市で再開発積極化、岡山駅前が都市計画決定、JR西などと複合型で22年着工へ

 岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業の都市計画決定が3月29日付で告示され、JR岡山駅前の新たなランドマークとなる大規模複合再開発が本格始動した。事業協力者として参画している野村不動産、JR西日本不動産開発、奥村組の3社が公表した。  この事業は2016年9月に再開発準備組合が設立され、野村不動産を代表とするグループが事業協力者となって計画を進めてきた。施行区域面積は約1・4 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月8日