【連載】住宅時評トレンドを斬るハウジングライター藤原利彦□1012□、1000回記念インタビュー、トップに聞く(13)、アキュラホーム、宮沢俊哉社長、多様化する暮らしへ提案力を強化、産・官・学で賢い連携、賃貸併用住宅の活用も提案

 適正価格の住宅づくりに傾注してきたアキュラホームが昨年10月1日に創業40周年を迎えた。元大工だった宮沢社長の最初のチャレンジは輸入住宅だったが、原点の木造軸組の合理化システムを開発、工務店・ビルダーのネットワーク集団「ジャーブネット」を立ち上げた。大手住宅メーカーとは対極の工務店と協力して住宅事業を展開する。かつては住宅の価格破壊を標榜したが、今では住まい方などのソフト面の提案、まちづくりも新 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月8日