金融庁、取引基準8割が未整備、投資用不動産業者紹介融資顧客対応など徹底を

 金融庁は、金融機関を対象に実施した投資用不動産向け融資についてのアンケート調査結果を公表した。それによると投資用不動産を販売する業者(紹介業者)が紹介した顧客に融資を実行したことがある銀行は97%、信金・信組でも79%にのぼる一方で、紹介業者との取り引きを始めたり停止する基準を定めているのは2割に満たず、少数にとどまっていた。  スルガ銀行でのシェアハウス向け融資や、他の金融機関で発生した改ざん ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月8日