リノベでストック活用、築古物件を市場価値に戻す、再販力と収益力の向上、住宅・不動産各社が本腰

 分譲マンションなど新築住宅は、地価の高騰に伴い売れ行きが芳しくない中で、ここ数年、新築にとって代わって存在感を出しているのが中古住宅。築古であっても、最近のリノベーション技術の発展によって新築に近い水準に見た目も機能も高めることが可能となり、割高な新築から中古住宅を購入してリノベーションする動きも目立つ。とはいえ、欧米の8~9割に比べれば、中古住宅の流通比率は15%にとどまる。国は住宅ストックの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月8日