池袋に線路をまたぐビル、西武グループの新拠点

 線路をまたぐオフィスビル、西武グループの「ダイヤゲート池袋」が竣工、3月25日から2階線路上空デッキの共用が始まった。西武鉄道が保有し、西武プロパティーズが開発を進めてきた中間免震構造の複合機能ビルで、地下2階地上18階建て、延べ床面積約5万平方メートル。1~2階が店舗、4~18階がオフィス。そのうち14~18階の5フロアには、西武ホールディングス、プリンスホテル、西武プロパティーズのグループ3 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月1日