三菱地所と立命館大が戦略協定、人とロボット協業実現へ

 三菱地所(吉田淳一社長)と学校法人立命館(仲谷善雄総長)は3月28日、人とロボットが協働する時代の施設運用管理モデルの構築に向けて、実証実験や情報発信などを行うことを目的とした「戦略的DX(デジタルトランスフォーメーション)パートナーシップ協定」を締結した。立命館大学のキャンパスを実社会に見立てて、各種ロボットの実証実験を展開する。  人手不足や少子高齢社会、地方の過疎化、障がい者雇用、働き方改 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月1日