大林組など4社JVMM21で大型開発

 大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハの4社で構成する企業グループは、横浜市が開発事業者を公募した「みなとみらい21中央地区53街区」事業予定者に選定を受けた。みなとみらい線新高島駅から徒歩1分、横浜駅から徒歩7分のグランモール軸とキング軸の交差する約2万620平方メートルの敷地に地上28階建てと地上15階建ての2棟を開発する。  オフィスのほか、ホテル、カンファレンス、にぎわい施設、オ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月1日