理事会で事業計画を了承、全宅管理会員増強で入会支援など

 全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理、佐々木正勝会長)は3月22日、理事会を開催して2019年度の事業計画・予算を了承した。  貸し主・借り主の双方の視点に立ち、資産価値の向上などに取り組む。全宅管理として、(1)会員に寄り添う(2)全宅管理支部に寄り添う(3)宅建協会、宅建協会会員に寄り添う(4)賃貸管理業従事者(賃貸不動産経営管理士)に寄り添う--をスローガンに各種サポートを推進する。  会員 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月1日