【連載】競売物件東京地裁開札トピックス-77-、大都市にも空き家の波、相続後放置マンションに入札1本

 空き家問題が世間で多く取り上げられているが、その多くは地方の戸建てであった。  しかし、最近については、東京圏の古家でも長期間放置されている例が見られるようになった。さらにマンションにおいても例外ではなくなっている。3月12日開札では長期空き家であった足立区のマンションが競売対象になった。  その物件は日暮里舎人ライナー「江北」駅徒歩約5分に立地する築37年経過する旧耐震構造のマンションで、対象 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月1日