日本財託グループ調査、「副業NGだから不動産投資」、不動産オーナーの4割以上に

 投資用マンションの販売・管理を手掛ける日本財託グループ(東京都新宿区、重吉勉社長)は3月27日、20代~50代のサラリーマン大家を対象に副業に関する意識調査を実施した。その結果、現在副業を行っている人は約1割にとどまり、残り約9割の副業を行っていない不動産オーナーの約4割が副業NGであるために不動産投資を始めたとしている。  不動産オーナーが正社員として勤務会社が「副業解禁」(22・8%)してい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月1日