大東建託、ビス留めロボット20年実用化、大工職人不足で賃貸小規模向け

 大東建託は3月19日、人と協働する軽量・小型のビス留めロボット「D-AVIS(デービス)」の現場試行を始めた。同ロボットは、2017年から建築現場で深刻化する大工職人の高齢化や人材不足への対応、労働災害撲滅や施工品質の均一化を目的に開発を進めてきたもので、2020年12月の実用化を目指す。  エイチ・アイ・デー(北九州市八幡西区)と共同で進めている。通常の作業ロボットは、安全面から作業員と一定の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月1日