人手不足が深刻化、特に技術、サービス系、最重要課題さまざまな対策と動き

 人手不足が深刻化している。住宅・不動産業界でも、特に技術系やサービス系の現場、第一線では今や人手の確保が最重要課題となった。決め手が見つからず、先行きが見通せないと嘆く業界がある一方で、省力化の新技術やAIロボットの導入、OB社員の再雇用など、あの手この手で人手不足を乗り切ろうという動きも活発化。折から4月1日に改正入国管理法が施行され、新たな外国人労働者の受け入れ制度も始動する。「働き方改革」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年4月1日