不動産協会、理事会で19年度計画決定、増税後の市場安定化など

 不動産協会(菰田正信理事長)は3月19日、理事会を開催し、2019年度の事業計画と予算を決定した。人口減少と少子高齢化が進む中で、産業構造の変化を踏まえていく正念場にあるとして、10月に実施予定の消費税率引き上げを乗り越えてデフレからの脱却を目指す。  事業計画は、(1)時代を先取りした魅力的なまちづくりの推進(2)豊かな住生活の実現(3)税制改正に関する取り組み(4)社会・環境への取り組み(5 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月25日