仙台泉区にCLT賃貸竣工、三菱地所が初の高層建築

 三菱地所が仙台市泉区高森2丁目で建設していた、CLT(直交集成板)を床材・耐震壁に利用した10階建て賃貸マンション「パークウッド高森」(全39戸)が竣工。3月23日から入居が始まった。  CLTを床材として使用した日本初の高層建築物。工場生産されたCLTと鉄骨を組み合わせる乾式工法で、(1)鉄筋コンクリート造と比較して3カ月程度の工期短縮を実現(2)鉄筋コンクリート造と比べ建物の軽量化が図れ、構 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月25日