【連載】CFネッツ流新・大家実践塾□58□、70歳男性、突然の余命2カ月、残される家族のために奔走、治療通院と相続見据えて対応

 「明日、お会いできませんか?」  信託契約案のやりとりはずっとメールで行なっていたので、依頼者の声を聞くのは初めてだった。  「御社の近くの病院に転院したので、ご足労願えませんか?」  その晩に病院に行ったところ70歳くらいの精悍な人だった。  「ほんの少し前までマラソンしたり、水泳したり、元気だったのです。少し背中が痛いから診てもらったら、即入院、余命2カ月だって。一度も家に帰っていない」   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月25日