訪日客、地価けん引、上昇率40%超が続出、心斎橋、引続き強含み、公示地価大阪圏

 不動産投資マネーは大阪圏にシフトする傾向が強まっている。大阪圏の地価で最も高いのは昨年同様に心斎橋エリアの商業地で1980万円(25・3%上昇)だった。全国最高値の山野楽器銀座本店は前年の9・9%の伸びから大きく鈍化したものの、大阪圏のトップは前年の22・5%上昇と遜色そんしょくのない上がり方を示しており、ポスト東京を意識した資金流入が見て取れる。訪日客を背景にドラックストアなど店舗出店の意欲が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月25日