シドニー物件、日本でも販売、三菱地所レジ豪クラウン社セミナーで購入意向も

 三菱地所レジデンスとクラウン社(グループCEO、イワン・スニト氏)がオーストラリア・シドニー市で開発中の新築分譲マンション「マステリー」(5棟、全372戸)の日本国内販売が3月から始まった。昨年11月のオーストラリアを皮切りに、シンガポール、インドネシア、香港に続くもの。販売を担当するスターツコーポレーションが3月9日と13日に物件セミナーを開いたが、定員を上回る盛況ぶりで「検討したい」「購入し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日