全国で「空き家調査員」養成へ、地域人材で質の高い情報を三友システム、経済性に着目してトリアージも

 不動産鑑定評価事業を展開する三友システムアプレイザル(東京都千代田区、堂免拓也社長)は4月から、地域人材を活用する「空き家調査員」養成事業を全国展開する。平成30年度に国土交通省住宅局補助事業「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」として、埼玉県毛呂山町で地元NPOなど2団体13人を半年間の講習(理論、実地)を経て養成した実績を生かす。  同社は全国の不動産鑑定士らと提携して年間2万件を超える ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日