大連の関連会社、234億円横領の疑い、大和ハウス工業

 大和ハウス工業は3月12日、大連中盛集団との合弁会社、大連大和中盛房地産(片岡幸和代表)で合弁先が派遣している取締役2人と出納担当者1人による不正流用の疑いが発覚した。同日時点で判明している預金残高と帳簿の差額は14億1500万元(約234億円相当)。全額が回収できなかった場合、約117億円の持分法投資損失(経常損益)を計上する見込み。  合弁会社は同日付けで、不正行為の疑いのある3人を刑事告訴 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日