【連載】住宅時評トレンドを斬るハウジングライター藤原利彦□1009□、1000回記念インタビュー、、トップに聞く(10)、三井ホーム、市川俊英社長、新ステージでの成長戦略模索、中大規模木造建築を拡大、海外では構造用パネル生産

 住宅産業は人口減もあって先行き厳しい環境が待ち受けている。厳しい時代に備え、2×4ツーバイフォー住宅のリーディングカンパニーである三井ホームは昨年10月、三井不動産グループ各社との連携をより強めるため、株式の非上場化を行い、新たなステージで成長を目指すことになった。同社が得意とする高級住宅路線を軸にしながら、施設系建築を中心とした中大規模木造建築、さらには海外事業の拡大を目指す。※同社は4月1日 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日