【土地の有効利用で経済を活性化】、狭小地・変形地の活用で注目、遊休ビル転用も進む、景気動向の影響受けにくい

 大都市部に人口が集中する中で、住まいの悩みの一つとして収納スペースが足りないことが挙げられる。マンションだけでなく、戸建住宅であっても東京のような地価の高い立地では、十分な広さを確保する大きさの家を建てることが難しく収納不足感は強い。そうした需要に対応して急速に市場規模を拡大しているのがトランクルームだ。居住するには適さない狭小地・変形地など遊休地の活用方法として、また稼働率が落ちているビルを改 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日