【土地の有効利用で経済を活性化】、シェアリングの多様化、遊休資産の収益化が拡大

 所有から共有へ。訪日客の急増に伴うインバウンド需要もシェアビジネスの拡大を後押しする。シェアリングビジネスで土地・建物の遊休資産を収益化。スペースのシェアとしては、シェアハウスや民泊に加えて空室の賃貸マンションやビルを時間貸ししたり、空き地を時間貸しの駐車場とするなど多様化している。  売買仲介を手掛けるハウスプラザ(東京都足立区)は、レンタルスペース事業に参入してJR錦糸町駅に近い京葉道路沿い ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日